コンパクトさと高い描写性能の両立を実現 クラス最小・最軽量超広角ズームレンズの17-35mm F/2.8-4 Di OSD (Model A037)を発表

「高画質な超広角ズームレンズを気軽に持ち歩く」といったコンセプトのもと、SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD (Model A012) とは異なるラインとして新たに誕生した、長さ90.0mm、質量460gのクラス最小・最軽量 超広角ズームレンズです。

【第11回鉄道風景コンテスト連載企画 Vol3 】鉄道風景写真撮影 プロに学ぶ機材とテクニック by 米屋こうじ

連載企画の第3回目は日本をはじめ、世界の鉄道風景を撮影するため旅を続けている写真家 米屋こうじ氏がフルサイズデジタル一眼とフルサイズミラーレス一眼の2本を使い「鉄道風景」の撮影方法について作品と供に紹介しています。

写真家 水谷たかひと氏がタムロン 100-400㎜でオートバイロードレースを撮影。未公開カットを含む全12カットを公開

写真家の水谷 たかひと氏が、望遠撮影に求められる全ての要素「高画質・AF精度・機動力」を凝縮したレンズTAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)でオートバイロードレースを撮影。未公開カットを加えた、全12カットをご紹介いたします。

タムロンレンズ×茂原ツインサーキット 望遠ズームレンズ貸出し体験会・撮影ワークショップ(2018年8月26日)募集要項

2018年8月26日(日)に千葉県 茂原ツインサーキットにて、タムロン望遠レンズシリーズのレンズ体験会と水谷 たかひと氏・諏訪 光二氏によるバイクレース撮影ワークショップを開催いたします。

【第11回タムロン鉄道風景コンテスト連載企画 Vol.2】鉄道風景写真 作品作りの奥義直伝 by 広田尚敬

連載企画の第2回目は矢野直美さんと同じく、タムロン鉄道コンテスト第1回目から審査員として参加いただいている、鉄道写真家の先駆者、広田 尚敬氏に、鉄道写真撮影の奥義を作品と一緒に語って頂いています。

タムロン・マクロレンズ フォトコンテスト 過去の作品紹介 ノンジャンルの部

マクロレンズは草花や昆虫などのネイチャー写真に限らず、シャープな描写や美しいボケ味を活かして様々な撮影を楽しむことができます。人や動物、部分のアップ、工夫を凝らしたアートな写真など、アイディアと様々な視点でとらえた作品をご覧ください。

2 / 121234Last »