SPレンズシリーズ40年目の挑戦、タムロンの技術を結集した究極の単焦点レンズ タムロン SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)発売発表

総合光学機器メーカーの株式会社タムロン(代表取締役社長:鯵坂司郎、本社:さいたま市)は、35mm判フルサイズデジタル一眼レフカメラ対応の単焦点レンズ「SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)」(以下Model F045)を発売します。

1979年に「最高の1枚を撮るためのレンズを、写真を愛する人へ届けること」をコンセプトに生まれたタムロンのSP (Superior Performance) レンズシリーズは、今年で40周年を迎えます。この記念すべき年に、タムロンの最高技術を結集して開発されたのが、Model F045です。タムロンは、交換レンズの基本ともいえるこのオーソドックスな単焦点レンズに、これまでに培った光学技術のすべてを注ぎ込みました。かつてない高解像度と美しく魅惑的なボケ味は、あらゆるシーンを細部まで余すことなく表現することを可能にします。光学系を包む鏡筒は、写真を撮る人のために考え抜かれた操作性と耐久性を追及。さらに、信頼性に優れた高速・高精度AFや利便性を高める様々な機能が搭載されており、風景、ポートレート、スナップなどさまざまなシーンに適しています。

タムロン SP 35mm F/1.4 Di USD(Model F045)

レンズ製品名: SP 35mm F/1.4 Di USD(Model F045)
発売日:ニコン用:2019年6月26日 キヤノン用:2019年7月25日

ニュース: SP 35mm F/1.4 Di USD(Model F045) プレスリリース
製品ページ: SP 35mm F/1.4 Di USD(Model F045)製品ページ

開発背景

高い設計仕様に基づき高性能・高画質を実現するタムロンのSPシリーズは、発売から40周年を迎えました。このたび、タムロンが持つ技術を結集し、「究極の写りを目指すレンズ」として解像力、点像再現性能、ボケ味にこだわりぬいたレンズがTAMRON SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)です。タムロンらしいボケ味を踏襲しながらもModel F045というレンズのために、新たなコーティング技術の開発にも取り組むなど、タムロンのものづくりへの思いも込められた史上最高のレンズが遂に完成いたしました。

製品特長

1.画面全体に溢れる超高画質

レンズ構成は10群14枚。タムロンの最高技術を結集して設計した光学系には、4枚の特殊硝材LD (Low Dispersion : 異常低分散)レンズと、3枚のGM (ガラスモールド非球面)レンズを最適なバランスで贅沢に配置しています。これによって、大口径レンズで特に問題となる色収差の発生、また画質の低下につながる諸収差の影響を極限まで排除することに成功しました。絞り開放F/1.4であっても画面の中央から四隅に至る高い解像性能を確保し、形を崩すことなく“点が点として写る”理想的な超高画質を実現しています。この最高の光学性能はボケ味にも反映されているため、大きく美しい魅惑的な背景ボケの中に、被写体の姿を端正に浮き上がらせる独特の表現ができます。

2.次世代のコーティング技術「BBAR-G2コーティング」

超高画質の実現のためには、ゴーストやフレアの発生を徹底的に抑制することが必須です。タムロンは長年培ったコーティング技術の研究をさらに進め、新たに開発したBBAR-G2 (Broad-Band Anti-Reflection Generation 2)コーティングを本レンズに採用しました。このBBAR-G2コーティングは、従来から定評のあるBBAR(Broad-Band Anti-Reflection)コーティングの性能を大幅に上回り、ゴーストやフレアの発生を極限まで抑えることはもちろん、これまでになく圧倒的にヌケがよくクリアな表現を可能としています。

3.信頼性に優れた高速・高精度なAF

AF駆動にはタムロン独自の超音波モーターUSD(Ultrasonic Silent Drive)を採用。大きく重くなることが避けられない大口径レンズのフォーカス系を、高速・高精度かつ静かに動作させることができます。さらに、本レンズのために新たに独自開発したダイナミックローリングカム機構によって、フォーカスレンズの駆動負荷を極限まで減少させることに成功。高温あるいは低温下といった、プロユースの厳しい撮影条件下においても、安定したAF作動性能を実現し信頼性を向上させています。また、フルタイムマニュアル機構を搭載しているため、AF設定時においても即座に手動でのピント位置の微調整が可能です。

4.摩耗耐久性が大幅に向上した高耐久防汚コートを搭載

対物側のレンズ最前面には、新たに開発した高耐久防汚コートを採用。従来の防汚コートと比較し摩耗耐久性が大幅に向上しています。撥水性・撥油性に優れたフッ素化合物によるコーティングにより、レンズの汚れやキズの原因となるホコリや水滴、手の脂などが残りにくく、かつ付いても拭き取りやすいため、メンテナンスが容易になります。これにより、長期間にわたって大切なレンズを保護し続けます。

5.簡易防滴構造を採用

レンズ鏡筒の可動部、接合の各所に、防滴用のシーリング材を施すことで、レンズ内部に水滴が侵入することを防ぐ簡易防滴構造を採用。雨天での撮影などあらゆる環境での撮影をサポートします。

6.別売りアクセサリーの「TAMRON TAP-in Console™ (タップ・イン・コンソール)」 に対応

レンズのファームウェアのアップデートやAFの合焦位置、フルタイムマニュアルの設定などのカスタマイズをユーザー自身で行うことの出来るアクセサリー、TAMRON TAP-in Consoleに対応します。

7.フードロック機構の搭載

同梱のレンズフードにロック機構を搭載しました。確実にレンズフードをレンズボディに固定できるため、不用意な位置の移動や脱落を防ぐことができます。

8.洗練されたデザインを踏襲

細部の形状や質感にこだわると同時に、直感的に使えるような操作性を追求。先進技術が凝縮された次世代モデルに相応しい、高級感のあるカタチが生まれました。内部構造に素直に寄り添うフォルム、細くあしらわれたルミナスゴールドリング、そして隅々まで丁寧な作り込みが、レンズの品質を体現しています。さらに、スイッチボックスの形状や、高い視認性をもつ指標窓、精度と剛性にすぐれた金属製マウント部など、機能性にもこだわった完成度の高いデザインとなっています。

レンズ外観・アクセサリー写真

タムロン SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)製品ページも是非ご覧ください。

製品詳細ページを見る