タムロンの最高技術を結集した単焦点レンズTAMRON SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)開発発表

総合光学機器メーカーの株式会社タムロン(代表取締役社長:鯵坂司郎、本社:さいたま市)は、35mm判フルサイズデジタル一眼レフカメラ対応の単焦点レンズ TAMRON SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)の開発を発表いたします。

なお、本開発製品は、2019年2月28日(木)から3月3日(日)の4日間、パシフィコ横浜で開催されるカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」に参考出品いたします。

レンズ製品名: SP 35mm F/1.4 Di VC USD(Model F045)
発売予定時期:2019年中頃

ニュース: [CP+2019参考出品] 新製品3機種開発 プレスリリース

1979年に「最高の1枚を撮るためのレンズを、写真を愛する人へ届けること」をコンセプトに生まれたタムロンのSPレンズシリーズは、今年で40周年を迎えます。この記念すべき年に、タムロンの最高技術を結集して開発されたのが、Model F045です。

タムロンは、交換レンズの基本ともいえるこのオーソドックスな単焦点レンズに、これまでに培った光学技術のすべてを注ぎ込みました。かつてない高解像度と美しく魅惑的なボケ味は、あらゆるシーンを細部まで余すことなく表現することを可能にします。

光学系を包む鏡筒は、写真を撮る人のために考え抜かれた操作性と耐久性を追及。加えて、信頼性に優れた高速・高精度AFや利便性を高める様々な機能が搭載されており、風景、ポートレート、スナップなどさまざまな作品づくりに適しています。

※本レンズにフルサイズミラーレス一眼カメラの純正アダプターをご使用いただいた場合、従来の一眼レフカメラで使用出来る機能は問題なくご利用いただけます。

※今回発表の製品については、開発中の製品の為、仕様、外観、性能等はお断りなく変更する場合があります。