flatt-lifestyle

朝起きてから夜寝るまでをなぞる。タムロン 28-75mm F2.8 (Model A036)と過ごす一日

日々のなんでもない世界の様子を、少しだけ華やかに残してくれる写真の魅力に惹かれて。“flatt”の連載第五弾の今回は「日常とタムロンレンズ」をテーマに、28-75mm F2.8 (Model A036)と過ごした一日をお届けします。日々の何気ない瞬間も愛せるレンズで切り取ると、なんだか特別なものに感じられる気がします。

私のときめきを切り取る。タムロン 24mm F2.8 (Model F051)で楽しむ朝散歩

“flatt”の連載、第四弾のテーマは「タムロンレンズと朝散歩」。いつもより少しだけ早起きした爽やかな朝、友人と二人で上野公園で散歩した様子をお届けします。何気ない瞬間をパチっと切り取るお供はTAMRON 24mm F2.8 (Model F051)。機動力抜群の相棒がいると、朝散歩も心なしか”捗る”ような気分です。

日常にささやかな魔法をかけて。タムロン 17-28mm F2.8 (Model A046)と過ごす夜更けのひととき

“flatt”の連載、第三弾のテーマは「タムロンレンズと過ごす夜更け」です。日の傾く頃から夜明けまで、この限られた時間を一緒に過ごすのはTAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)。刻一刻と移りゆく時間を写真に切り取る楽しみをお届けします。是非ご堪能ください。

旅の思い出を彩る。タムロン 28-200mm F2.8-5.6 (Model A071) と行く、鎌倉・江ノ島電車旅

“flatt”連載の第二弾は「タムロンレンズと行く電車旅」がテーマです。各駅停車に乗り、変わりゆく景観を楽しみながら気の赴くまま旅をする、それが電車旅の面白さ。お供には軽量コンパクトな TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071) を連れ、情緒溢れる鎌倉~江ノ島を巡りました。

日常に、ほんのスパイスを添えて。タムロン28-75mm F2.8 (Model A036)で訪ねる、高知・桂浜

写真を撮るために旅をして、旅をするために写真を撮る。写真のある日常の中で、スパイスのような非日常を求め、今回はTAMRON 28-75mm F2.8 (Model A036)をお供に高知県の桂浜へ向かいしました。“flatt”連載の第一弾、テーマは「旅とレンズ」でお届けします。