写真家 若子jet氏がタムロン SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)で撮る故郷。 全12カットを公開

写真家 若子jet氏が、TAMRON SP 35mm F/1.4 Di USD(Model F045)で撮影した旅スナップ作品をご紹介します。

一枚目の写真( 焦点距離:35mm 絞り:F/1.4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO感度:100

作品コメント

私がいつもスナップを撮るときには、この街並みには何ミリが似合う、などと決めて出かけることが多いです。
今回は35mmにぴったりな、故郷の町並みをご紹介したいと思います。

TAMRON SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)は、贅沢な最上級の作りとなっていて、タムロンSPレンズシリーズが40周年を迎えることもあり、記念すべきレンズです。前から気になっていたレンズでしたので、旅のお供に撮影を楽しんでみることにしました。

実は私自身、従来機種のSP 35mm F/1.8(Model F012)を先発でよく使用していたのですが、今回使用したSP 35mm F/1.4 Di USD(Model F045)はさらに増してボケ描写が美しく、ピントを合わせた範囲からスーッとにじむ柔らかいボケが心地よく、今ではなくてはならない「常用レンズ」となりました。

逆光で撮影をしても、フレアやゴーストに強く、像がしっかり出てくれるほど高性能で、シャッターを切るリズムも心地よく、画質の美しさに思わずため息をするほどでした。
今回は、モデルさんと一緒に歩きながらのお散歩撮影でしたが、サクサクっとテンポよく撮影することできました。ピントを合わせた中景の対象物に対し、前ボケと後ボケがなでらかでありつつ素直にボケてくれる美しさも圧感でした。

また、開放F値が明るいので、夕暮れ後のライトアップ時でも、手持ちで安心して撮影を試みることができました。朝晩関係なく、ずっと常用できるのも、心強い存在だと思います。

焦点距離:35mm 絞り:F/1.4 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:100

焦点距離:35mm 絞り:F/1.4 シャッタースピード:1/800秒 ISO感度:100

焦点距離:35mm 絞り:F/1.4 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:100

焦点距離:35mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO感度:100

焦点距離:35mm 絞り:F/2.0 シャッタースピード:1/80秒 ISO感度:500

焦点距離:35mm 絞り:F/1.4 シャッタースピード:1/125秒 ISO感度:100

焦点距離:35mm 絞り:F/2.0 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:100

焦点距離:35mm 絞り:F/1.4 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:100

焦点距離:35mm 絞り:F/1.4 シャッタースピード:2.5秒 ISO感度:400

焦点距離:35mm 絞り:F/1.4 シャッタースピード:1/10秒 ISO感度:400

焦点距離:35mm 絞り:F/2.5 シャッタースピード:1/20秒 ISO感度:400

モデル:北川りな

写真家プロフィール

若子jet Wakako Jet

岐阜県生まれ。名古屋造形大学卒業。 名古屋にてスタジオ勤務後、出版社写真部を経て、写真家松本明彦氏、他多数の広告カメラマンに師事後独立。 現在、被写体は人物を中心に、雑誌 広告撮影をする一方、写真家としても展覧会での作品発表多数。ライフワークとして街スナップを楽しんでいる。 優しく可愛く綺麗な世界観を得意とする。2019年9月、若子jet写真集「キッチュa 美ら美ら 沖縄編」好評発売中。

この写真家の記事一覧を見る

レンズ製品名: SP 35mm F/1.4 Di USD(Model F045)
発売日:ニコン用:2019年6月26日 キヤノン用:2019年7月25日

ニュース: SP 35mm F/1.4 Di USD(Model F045) プレスリリース
製品ページ: SP 35mm F/1.4 Di USD(Model F045)製品ページ

TAMRON MAG SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)の記事一覧