写真家 山田 芳文氏が、新発売となる超望遠ズーム、タムロン150-500mm F5-6.7 (Model A057)で野鳥を撮影、全9作品を公開

写真家の山田芳文氏が、新発売となるフルサイズミラーレス用超望遠ズームレンズ、TAMRON 150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)で身近な野鳥やウミネコを撮影した全9作品をご紹介します。

一枚目の写真( 焦点距離:383mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/2500秒 ISO感度:500 使用カメラ:ソニー α1)

作品コメント

TAMRON 150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD(Model A057)は、質量1,725g(三脚座別)と500mmをカバーするレンズとしては軽量なので、超望遠を手軽に楽しむことができるズームレンズです。

実際に使ってみると、軽くて取り回しが良いことから、長い時間手持ちで野鳥の飛翔を撮影し続けても身体的な負担はほとんどなく、集中して撮影をすることができました。また、描写は開放からキレがあり、タムロンらしいやさしいボケとのバランスも素晴らしく、いつでも撮影できるように常に持っていたいと思わせるレンズです。

そして、野鳥を撮影する人にとって気になるであろうAFですが、高速・高精度に動作するリニアモーターフォーカス機構VXDが搭載されているので、正確なのはもちろんのこと、速く、ストレスフリーで快適に撮影をすることができました。また、個人的に非常に便利だと思ったのが、フレックスズームロック機構です。ズームリングを前後にスライドさせることで、任意の焦点距離でロックと解除が瞬時にできます。道具としての使いやすさは数値化されたスペックとして表に出てくるものではありませんが、自分が大切にしているところなので、とても有り難いと思いました。

道具として使いやすく、AFは正確で速く、写りは本格派、そして軽量で取り回しが良いこのレンズで、お気に入りの野鳥を撮ってみてはいかがでしょうか。

焦点距離:303mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:500 使用カメラ:ソニー α7R IV

焦点距離:150mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:1000 使用カメラ:ソニー α7R IV

焦点距離:500mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/60秒 ISO感度:800 使用カメラ:ソニー α7R IV

焦点距離:150mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/1000秒 ISO感度:400 使用カメラ:ソニー α7R IV

焦点距離:500mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:640 使用カメラ:ソニー α7R IV

焦点距離:414mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/2000秒 ISO感度:800 使用カメラ:ソニー α1

焦点距離:150mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/2500秒 ISO感度:1000 使用カメラ:ソニー α1

焦点距離:150mm 絞り:F/5 シャッタースピード:1/3200秒 ISO感度:500 使用カメラ:ソニー α1

タムロン 150-500mm F5-6.7 (Model A057) プロモーションムービー

写真家プロフィール

山田 芳文 Yoshifumi Yamada

写真家。「100種類の鳥よりも1種類を100回」をモットーに野鳥を撮り続ける。ライフワークは鳥がいる風景写真。著書は『写真は構図でよくなる!すぐに上達する厳選のテクニック23』(エムディーエヌコーポレーション)、『野鳥撮影術』(日本カメラ社)、『やまがら ちょこちょこ』(文一総合出版)など。最新刊は『SONY α6600 基本&応用撮影ガイド』(技術評論社)

この写真家の記事一覧を見る

レンズ製品名: 150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)
発売日:2021年6月10日 ソニー Eマウント (フルサイズミラーレス一眼カメラ対応)
希望小売価格:187,000円(税込)

*新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、発売延期や供給が遅れる可能性があります。

ニュース: 150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)プレスリリース
製品ページ: 150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)製品ページ

TAMRON MAG 150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)の記事一覧