写真家 水谷たかひと氏がタムロン 100-400㎜でオートバイロードレースを撮影。未公開カットを含む全12カットを公開

一枚目の写真( 焦点距離:400mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度200

写真家の水谷たかひと氏が、望遠撮影に求められる全ての要素「高画質・AF精度・機動力」を凝縮したレンズTAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)でオートバイロードレースを撮影。TAMRON公式ギャラリーで公開されているカットに未公開カットを加えた、全12カットをご紹介いたします。

作品コメント

写真の撮り方、楽しみ方は千差万別である。撮影する被写体によっても違ってくるが、今回私が使用した超望遠ズームレンズ「100-400mm」は、レース場での撮影には絶好なレンズだと感じた。

広範囲な焦点距離を利用して、ワイドで雰囲気があるレースの情景を狙ってみたり、「これでもか!!!」といわんばかりの迫力あるアップを切り撮ってみることも可能だ。

超望遠のズームレンズで焦点距離を様々に変化させて、あなただけのナンバーワン作品を狙って欲しい。このレンズを手にすれば強い味方になってくれるはずだ。

焦点距離:137mm 絞り:F/5 シャッタースピード:1/30秒 ISO感度100

焦点距離:400mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/160秒 ISO感度100

焦点距離:400mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度200

焦点距離:400mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度400

焦点距離:213mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/125秒 ISO感度100

焦点距離:400mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度160

焦点距離:400mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/160秒 ISO感度100

焦点距離:167mm 絞り:F/5 シャッタースピード:1/200秒 ISO感度100

焦点距離:400mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度125

焦点距離:200mm 絞り:F/16 シャッタースピード:1/60秒 ISO感度100

焦点距離:200mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度100

写真家プロフィール

水谷 たかひと Takahito Mizutani

1968年、東京生まれ。1990年、東京総合写真専門学校卒業と同時に渡仏。冬季オリンピック、モータースポーツ、ウインタースポーツ、サッカー、ラグビー等を中心にヨーロッパで取材を続け3年後に帰国。拠点を日本に移しスポーツイベントを追いかける。
株式会社マイスポーツ出版 代表取締役。

この写真家の記事一覧を見る

TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)の特徴

  1. 「デュアルMPU(マイクロプロセッサ)」の採用で、優れたAF追従性と手ブレ補正効果を実現
  2. 超望遠ズームレンズにふさわしい高画質
  3. eBANDコーティングの採用でゴースト・フレアを軽減
  4. 軽量・コンパクトで機動性を追求した超望遠ズームレンズ
  5. 撮影領域を広げる、別売りアクセサリーの三脚座を用意
  6. テレコンバーター、 TAP-in ConsoleTM (タップインコンソール)に対応
  7. 屋外での快適な撮影をサポートする簡易防滴構造、防汚コート

詳細は製品ページや下記の記事もご覧ください。

レンズ製品名:タムロン 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)
発売日:2017年11月16日 ニコン・キヤノン用同時発売
希望小売価格:90,000円(税抜)

お知らせ: 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD プレスリリース
製品ページ: 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD 製品ページ

TAMRON MAGの100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)の写真家インプレッション記事はこちら