写真家 林 幸恵が70-210mm F/4で風景、植物、スナップを撮影。公式フォトギャラリー未公開カットを含む全18カットを公開

一枚目の写真( 焦点距離:210 mm 絞り:F/4 シッタースピード:1/800秒 ISO感度:10000)

TAMRON公式フォトサイトでも紹介されている70-210mm F/4 Di VC USD(Model A034)の公式フォトギャラリーから、未公開カットを含む全18枚を紹介いたします。

写真家の林幸恵による風景、植物、スナップ写真をご覧ください。

作品コメント

初めての望遠ズームレンズ、70-210mm F/4を使って身近な場所や関西近郊で風景、植物、スナップ写真を撮影しました。A034はやさしくやわらかなボケ味の上に、最短撮影距離0.95m。被写体との心の距離も縮めているのでは!?と思う程の雰囲気づくりも出来ました。やさしくやわらかなボケ味は私の表現、世界観にぴったりで、おかげさまで作品は心がほんのり温かくなる作風になりました。

焦点距離:70mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:800

焦点距離:210mm 絞り:F/16 シャッタースピード:1/10秒 ISO感度:400

焦点距離:210mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/160秒 ISO感度:250

焦点距離:182mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/200秒 ISO感度:100

焦点距離:210mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:400

焦点距離:210mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:100

焦点距離:210mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/40秒 ISO感度:400

焦点距離:168mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/160秒 ISO感度:100

焦点距離:210mm 絞り:F/10 シャッタースピード:1/50秒 ISO感度:800

焦点距離:210mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/200秒 ISO感度:800

焦点距離:210mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:320

焦点距離:70mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO感度:100

焦点距離:70mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:100

焦点距離:210mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/25秒 ISO感度:800

焦点距離:210mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/15秒 ISO感度:400

焦点距離:210mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:640

焦点距離:92mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:800

写真家プロフィール

林 幸恵 Yukie Hayashi

写真家。三重県生まれ。自然が魅せるドラマやいのちの輝きや色彩美・造形美に魅了され、身近な場所と近県の撮影に取り組んでいる。フジフイルムフォトサロンにて「夢色の世界」「とっておきの時間」写真展を開催。写真誌、雑誌等に作品を掲載。写真コンテストの審査員、講演会などを務める。写真教室フォトスクールとっておき!を共同開講。写真集「夢色の世界」「のはら」を出版。

この写真家の記事一覧を見る

70-210mm F/4 Di VC USD(Model A034)の特徴

  1. F/4固定の高性能望遠ズームレンズ
  2. クラストップレベルの最大撮影倍率と最短撮影距離
  3. 信頼性の高いインナーズーム機構採用
  4. 新制御システム デュアルMPU(マイクロプロセッサ)システム※3)の採用により、快適なAFと実用的な手ブレ補正効果を両立
  5. 防汚コートを採用し、レンズの利便性を向上
  6. 簡易防滴構造を採用
  7. Tele Converterに対応
  8. 別売りアクセサリーのTAMRON TAP-in ConsoleTM (タップ・イン・コンソール) に対応
  9. アルカスイス互換雲台対応の三脚座
  10. ニコン用に電磁絞り方式を採用

詳細は製品ページや下記の記事もご覧ください。

レンズ製品名:タムロン 70-210mm F/4 Di VC USD(Model A034)
発売日:ニコン用:2018年4月2日 キヤノン用:2018年4月26日
希望小売価格:95,000円(税抜)

お知らせ: 70-210mm F/4 Di VC USD プレスリリース
製品ページ: 70-210mm F/4 Di VC USD 製品ページ

TAMRON MAGのタムロン 70-210mm F/4 Di VC USD(Model A034)の記事

林 幸恵氏のレンズインプレッションの記事も公開中!