写真家 むらい さちのマクロレンズSP90mmで撮る、ファンタジックなマクロの世界

初めまして! 写真家のむらいさちです。水中を始め、旅写真や、お花の写真が大好きです。ふんわりハイキーな作風で、リアルよりファンタジックな写真をイメージして撮影しています。

今回は、SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F017)を使い、いろいろ撮影してみました。まずは手にすっと馴染むボディ、スタイリッシュなデザインが気に入りました。悪天候での撮影も多いので、防塵防滴というのは心強いですね。

今回は、このレンズをもって、家の前の公園と、沖縄で撮影をしてきました。家の前の公園は、ほんとに普通の小さな公園です。でもマクロレンズを手に歩いてみると、普段では見えない世界が見えてきます。人間の目では見えない世界、それこそがマクロ撮影の楽しみでもありますよね。

では、作品をお見せしていきましょう。

一枚目の写真( 焦点距離:90mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:320 +1.3補正)

雨が降った翌日、葉っぱの上は滴がいっぱいでした。最短距離まで近づいて撮影。一番大きな滴にピントを合わせるとインパクトが出ます。

焦点距離:90mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:320 +1補正

逆光の光がきれいで、エノコログサを撮影しようと思ったら、上側に滴が付いていて、とてもきれいでした。逆光の透過する光を使い、よりキラキラにしています。

焦点距離:90mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/1250秒 ISO感度:250 +2補正

カメラを持っていないと、きっと気づかないであろう、小さな草に付いた滴。その場にしゃがみ込み撮影。背景の滴が玉ボケになり、より幻想的な写真に。

焦点距離:90mm 絞り:F/3.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO感度:320 +2.7補正

すっかり時期外れのはずなのに、粘り強く咲いていたラベンダー。嬉しくなって駆け寄って撮影しました。こんな時期まで頑張ったね~という想いを込めて。背景の玉ボケの位置や、色などを微調整しながら写しました。

焦点距離:90mm 絞り:F/3 シャッタースピード:1/1000秒 ISO感度:320 +1.3補正

まだ紅葉には少し早い季節。緑から赤に移り変わる瞬間が一番好きです。晴れて気持ちが良かったので、空も多めに入れるようにしました。

焦点距離:90mm 絞り:F/3 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:320 +2補正

全体は緑なのに一部分だけ赤い紅葉を発見! 日当たりの関係なのか、謎ですね。この季節ならではのギャップを表現してみました。

焦点距離:90mm 絞り:F/4.2 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:320 +1.7補正

家への帰り道、ご近所さんの庭に咲いていた千日紅。開放でも、自然に滑らかにボケてくれるのは嬉しいし、タムロンの伝統ですね。

焦点距離:90mm 絞り:F/4.2 シャッタースピード:1/160秒 ISO感度:100 +2.3補正

沖縄はまだ夏でした。ハイビスカスは一年中咲いています。絞り開放で先端にピントを合わせます。背景のバランスにも気を使いつつ・・・。かわいい写真が撮れました♪

焦点距離:90mm 絞り:F/3.8 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:400 +2.3補正

花の名前は分からないのですが、花の真ん中のポンポンがかわいくて一目ぼれ。背景に土など暗い部分が入らないように意識しながら、全体のバランスを見て撮影。絞り開放で浮いているような雰囲気をだしました。

TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACROを使用してみて

普段は良くいく場所でも、カメラに90mmのマクロレンズを付けて歩いてみると、見える景色はがらりと変わります。そして90mmのボケ感が僕は好きです。ボカすなら徹底的にボカすのが好きだからです。なので、ボケの美しさが何よりも大切です。タムロンのマクロレンズは伝統的にボケがとても美しいです。だから、さらにボカしたくなります(笑)。

あまりやらないでしょうが、たまには90mmマクロだけをカメラに付けて、お散歩してみてはどうでしょうか? きっと新しい発見がたくさんあるかもしれません。人間の目では見えないマクロの世界、やっぱり楽しいですね!

写真家プロフィール

むらい さち Sachi Murai

沖縄でのダイビングガイドを経て写真の世界へ。広告カメラマンの助手後、スキューバダイビング誌の専属カメラマンになり、日本を始め世界を撮影で訪れる。

その後独立。現在は広告や雑誌の撮影を中心にトークショーやセミナー、メディアへの出演など、活動は多岐に渡る。作品は水中だけに留まらず、地球全体をフィールドに心の赴くままに撮影を続けている。

著書に写真集「ALOHEART」「LinoLino」(LifeDesignBooks)「きせきのしま」(小学館)「FantaSea」(BUNKADO)などがある。最新刊は、詩人谷川俊太郎との共著、「よるのこどものあかるいゆめ」(マイクロマガジン)がある。

この写真家の記事一覧を見る

記事で紹介された製品はこちら

タムロン SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F017)

タムロン90mmマクロレンズの新たな幕開け
高い光学性能を継承しながら、手ブレ補正機構「VC」の性能向上を実現